私は自分の庭があるわけでもなく、植物にもそれほど興味がないので、木を伐採することや剪定することにはほとんど興味がありませんでした。
私は今婚活中の身であり、婚活パーティーに参加してみたり、友人に男性を紹介してもらったりと婚活にはげんでいます。
そして先日も友人が婚活をしている私のためにコンパをセッティングしてくれたのです。友人は交流の幅が広いので、様々な職業に就いている人を紹介してくれます。
先日のコンパで出会った方は伐採業者として仕事をしている人でした。

コンパで出会った伐採業者

友人が開いてくれたコンパは、男性4人、女性4人の合計8人での会でした。
その中の一人の男性がまだ5月だというのに真っ黒に日焼けをしていて、とてもがたいのよい体つきをしていました。
コンパなのでまず最初に自己紹介から始めました。
私はその真っ黒に日焼けをした彼のことが少し気になっていたのですが、その人の自己紹介でその人の職業を知りました。
彼の職業は伐採業者ということでした。
私は伐採と聞いて、山奥の森林の中でどんどん木を切り倒しているイメージがあったのですが、だからと言って山奥だけで仕事をするわけではないと笑われてしまいました。
それぞれの自己紹介が終わってから私はその男性に伐採の話題について聞いてみました。
すると男性は剪定も行っているということを教えてくれましたが、私は伐採と剪定がどのように違っているのかなど全く分りません。
そしてその男性は伐採と剪定の違いについて私にわかりやすいように話をしてくれたのです。

伐採と剪定の違いの話が面白い!

二つの違いを訪ねてみたところ、まず伐採は木を根元から切断することであると教えてくれました。
枝や葉っぱだけを切断して終わりというわけではなく、一本の木をすべてなぎ倒すことだということです。
もう一方の剪定は1本丸ごと切断するわけではなく、葉っぱや枝を切断したり、形を美しくしたり、木が健やかに生育するために行われるものだということです。
剪定を行うことで、害虫が繁殖するのも防ぐことができ、木にとっては剪定を行った方がよいということでした。
そして彼は伐採と剪定の違いについてこう話をしてくれました。
昔話に例えるととてもわかりやすく、きこりが山の中へ行って木を斧を使って倒すのが伐採で、剪定は梯子を立てかけて大きなはさみで葉っぱを切る様子だと話してくれました。
確かにこれは分かりやすく、昔話の情景が思い出されました。最後にその男性は「近所や実家の剪定が必要であればぜひ我が社へ」と宣伝をして帰って行きました。